カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

写真写りが悪すぎて、
写真が嫌いになってしまった経験ありませんか?
もうカメラを向けられただけで嫌悪感を抱いてしまう。

 

なんで写真なんか撮るんだよ!
と嘆いていても仕方がありません。

 

カッコよく写る方法を見つければいいんです!
そんなあなたのために、カメラを向けられた時に意識したいことを8つご紹介します。

 

Sponsored Link

 

カメラを向けられた時に意識したいこと

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

写真に写った自分がブサイクすぎて写真が嫌いになったり、
もうカッコよくなれないと諦めてフザけに走ったり、
「カッコよく写る」ことから逃げてはいけません!
堂々と立ち向かっていくからこそ、
自然とカッコよく写れるようになるものなのです!
そのために、カメラを向けられたら以下のことを意識してみて下さい!

 

姿勢を正す

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

猫背で前のめりになっていては、だらしない感じになってしまいます。
大事なのは背筋を伸ばして、胸を張ることです!
そうすることで、多少スタイルがよろしくなくても、
顔が小さく見えたり、細く見えたりするのです。

 

イメージとしては、おへそを中心に胸を引き上げて下さい。
頭を高い位置に持ってくることを意識すれば、
自然と姿勢が良くなりますので、意識してみて下さい。

 

 

ポーズをとる

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

写真を撮るときにポーズとってますか?棒立ちだったりしてませんか?
何もしてないのにカッコよくなれるのは限られたイケメンだけです。

 

何かしらのポーズは絶対に取るべきです。
写真を撮るときのポーズとしては「ピース」が最も有名ですが、
このピースひとつにしても色んな角度でピースしてみて下さい。
その角度については、
家で一人でいるときに鏡の前で練習しておくといいでしょう。
自分がかっこいいと思える角度を研究して、本番に活かしましょう。

 

 

顔をこわばらせないでリラックス

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

写真を撮られ慣れなさすぎて、
ついカメラを向けられると顔がこわばってしまったり、
上手く笑えなくなったりしませんか?

 

無理に笑えとはいいませんが、
こわばった表情では確実に写真写りが悪いです。

 

あまり写真を撮られることを意識しすぎず、
リラックスした状態でのぞむことがベストです。

 

ブサイクに映ってしまうからと身構えていては、
いつまで経ってもブサイクのままです。
慣れるまでは練習だと思って何回も撮ってください。
慣れてきたころには自然な笑顔やリラックスした状態で写れるようになりますよ。

 

 

光の位置を把握する

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

実は光の当たり方ってとても重要なんです。
よくテレビでモデルさんの撮影風景を見かけますが、
光を当ててる場所をしっかりと見たことがありますか?

 

光は横からか、斜め前から当たる位置を探しておくのがいいでしょう。
そうすることで顔のパーツに立体感がでて、カッコよく写ることができます。

 

逆に真上にから光がある状態だと、顔の立体感がでず、
ノペ〜とした写真になってしまうので注意です。

 

室内であれば、窓際が横から光が入るのでベストです!

 

 

カッコよく見える角度を知る

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

上記の内容を意識して撮った写真をみて、
自分がどの角度からだったらカッコイイのかを知っておくことも大切です。

 

自撮りで自分の角度を知っておくことも効果的です。
あとはカメラを向けられたときにどれだけ、
その角度を再現できるかがカギになります。

 

どの位置からであれば、自分がカッコよく写るのかわかれば、
カメラの位置に合わせて自分が動けばいいのです。探してみましょう。

 

 

髪型は大丈夫?

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

髪型は顔の雰囲気を大きく左右します。
髪型大丈夫ですか?写真撮る前に確認してますか?

 

出かける前にしっかりとセットしていくことをオススメします。
屋外であれば、風が吹いて髪が乱れてしまうことがありますが、
撮影するまえに手ぐしでいいので、しっかりと髪型を整えましょう。

 

 

目線

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

カメラを向けられた時、どこに目線をおいていますか?
めちゃくちゃカメラ目線だと「こっち見んな」と言いたくなりそうなので、
カメラをまっすぐ見すぎるのは辞めましょう。

 

見る位置としては、カメラのレンズの少し上か下を意識するといいです。
また、顎を引いた状態にしてください。

 

そうすることで、はっきりした目で写真に写ることができます。
上目遣いすぎて気持ち悪くなってしまわないように注意してください。

 

 

顔の角度

カッコよく写りたい…カメラを向けられた時に意識したいこと8選

 

先ほどの「カッコよく写る角度」と似ていますが、
こちらは顔の角度です。
顔の形やパーツの形が人によって大きく異なるので、
人によってカッコよく見える位置が違ってきます。

 

とにかく自宅で自分のカッコいい角度を探すことが重要です。
左側から見たほうがカッコいいのか、はたまた右側なのか、
あらゆる角度から自分の顔を見てみて下さい。

 

その中で自分にしっくりくる角度が見つかれば、
今度はカメラを向けられたときにその顔の角度を再現するだけです。
根気よく探してみて下さい。絶対に「カッコいい」と思える角度があります。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか。
写真嫌いの人でも、カメラを向けられたときに意識して、
カッコよく写る方法をご紹介させていただきました。

 

とにかく「写真に写る」ということに慣れることが第一歩です。
そしてそこから自分のカッコいい角度を探していきましょう。

 

写真写りが悪いからと、写真に写ることを避けていては、
ずっとそのままです、今日からでも改善できることはしていきましょう!

 



よく読まれている記事

胸毛の処理は必要?/男性の胸毛について女性たちのホンネとは?
ワキ汗が男の価値をサゲる?女性に嫌われないための脇汗対策!
夏までに筋肉をつけてモテたい!自宅でできる4週間の肉体改造!
実は臭いと思われてるかも!女性の嗅覚の鋭さは男性の2倍?
自信のある男性がモテる!たった1日で眠っている自信を引き出す方法
太ってるけどモテたい!最低限の努力で現状を打破!【男性必見】
将来ハゲるのが怖い!薄毛になって後悔する前に、今から予防が最善策
清潔感を出すには、たった1つのことだけ意識すればいい【印象操作】
モテないのはニキビのせい?男性ニキビの改善方法!
なぜ、お酒が飲めない男はモテないのか?【傾向と対策】
貴方がモテない理由は、セルフイメージが関係している
彼女ができたことがない。このままではヤバい!と思っている男性向け
「ブサイクだから」はモテない理由にならない!
「顔が大きい」がコンプレックスの男性は、隠さずに出した方がモテる
非モテ必見!モテたいからって「ギャップのある男性」は目指すな!
彼女と長続きできない。すぐ別れてしまう男性へ5つの改善策
男子校出身で女性へのアプローチがわからない【連絡先を聞く】
貯金できない男性必見!今すぐ見直してお金を貯める方法5選
後ろ姿でカッコいいと思わせろ!モテる男性は背中でもアピール?
「毛深い」と「モテない」は無関係!言い訳してモテる男などいない
背が低い男がモテないはウソ!女性はあなたが思うほど気にしてない
真面目な男がモテない理由はシュート不足!チャラさは要らない!