目指せモテる男・条件や特徴

合コン後のラインで女心をつかむ、好印象なメッセージの送り方!

 

盛り上がった合コン、参加者同士でライン交換したはいいけど「何を送っていいのかわからない」「送って、既読・未読無視されたらどうしよう」なんて思ったことありませんか。

 

送ろうとしている相手が自分の気に入った女性であれば、なおさら合コン後のラインには神経を集中させますよね。

 

たしかにあなたがラインを送ることに対して考え込む理由も納得ができます。気になった女性とはラインのやりとりを通してさらに仲を深めて、2人きりでデートに行き、それから…。と期待してしまいますよね。

 

だからこそ、合コン後のラインと言うのはとても大事です。そこで今回は女性の心をグッとつかむ、好印象なメッセージの送り方についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

合コン後にラインを送る相手は1人に絞る

合コン後のラインで女心をつかむ、好印象なメッセージの送り方!

 

そもそも気に入った女性のラインはどうやって知りましたか?

 

もしグループラインを作って、その中に気に入った女性も参加しているという場合、合コン後はグループラインが動くでしょう。そこから個別に気に入った女性へメッセージを送るということになると思いますが、1人だけに送るのは気が引けるからと参加した他の女性にもラインを送ろうとしていませんか。

 

結論から言うと、他の女性にもラインをする必要はありません。むしろ送らなくていいです。

 

グループラインが作られると、まずはグループライン内で「今日はありがとう。楽しかったです。また集まりたい」といった主旨の感想や感謝のメッセージを送り合うと思います。

 

これは全員に発信しているので、個別に改めて女性一人ひとりに送る必要はないのです。どうせ社交辞令で送ってきているというのは相手もわかっています。

 

そして女性たちの「おしゃべり」をあなどってはいけません。もし気に入った女性には好意のある内容を送り、他の女性には社交辞令の内容を送った場合、「うわぁ〜送る内容変えて、あからさまだなぁ」とあなたの印象は悪くなりかねません。

 

だからこそグループラインで感想や感謝を述べたら、個別に送るのは気に入った女性だけにしましょう。もちろん女性たちの「おしゃべり」が無くなるわけではありませんが、気に入った女性にだけラインをするのであれば、送られてこなかった女性たちも「〇〇ちゃんが気に入ったんだな」と納得してもらえるため、女性の恋を応援しやすくなります。

 

だからこそ、合コン後のラインはグループで感想や感謝を済ませて、あとは気に入った女性1人に絞ってラインを送ってあげるべきなのです。

 

合コン後のラインはベストタイミングを狙う

合コン後のラインで女心をつかむ、好印象なメッセージの送り方!

 

では合コン後に気に入った女性1人にラインを送る場合、あなたはどのタイミングでその女性にラインを送りますか。

 

解散直後では、女性たちがまだ解散していない可能性がありますので、スマホをチェックしないか、「〇〇さん(あなた)からラインきたんだけど」と女子会のネタにされかねません。

 

確実に解散することが分かっている場合であれば、直後に送ってもいいでしょう。ただし、解散するかしないかがわからない場合は一旦、送るのを待ちましょう。

 

じゃあいつ送ればいいの?と思うかもしれませんが、ここで大事なのは相手が「1人」になるタイミングを狙うということです。

 

例えば解散後の帰りの電車の中であれば、スマホを見ている可能性が高いですよね。このタイミングでラインを送れば、返信してくれる可能性は高くなるでしょう。

 

時間をおいて次の日に「昨日は楽しかった。ありがとう。また飲みに行こうね」と送った場合、もちろん社交辞令的な意味でも返信してくれる可能性はありますが、1日おいてしまったために相手がどんな状況にいるのかというのは判断しにくいです。

 

もし忙しくしている中であなたからのラインが来たところで、よっぽど好意を持っていない限りは放置されてしまいます。

 

だからこそ、合コン後のラインを送るなら、なるべく早めで女性が1人になるタイミングに送るのがベストです。

 

合コン後のラインはギャップで攻める

合コン後のラインで女心をつかむ、好印象なメッセージの送り方!

 

では、どのように好印象を与えるかというと「ギャップ」です。とくに相手の女性とは合コンで初めて出会ったという場合がほとんどでしょう。

 

そのため、女性があなたに抱く印象は合コン時に決まってしまいます。もし合コン時にあなたの印象があまりよくなかった場合、合コン後にラインが来たとき積極的に返したいと思うでしょうか。おそらく思わないでしょう。

 

だからこそ、合コン中(リアル)と合コン後(ライン)では、多少のギャップを意図的に作ることをオススメします。

 

経験人数が400人と噂されているロンドンブーツ1号2号の田村淳さんはご存知かと思いますが、実は本人が「今までに告白されたことはない」と語っています。なのになぜ彼は400人もの女性を落とせたのでしょうか。

 

その理由についてはロンブー田村淳がモテる理由とは?【モテ男の恋愛テクニック】で詳しく書いていますが、女性を落とすには「ギャップの創出」が大事だと語っています。とりわけ実際にあっている時(リアル)とネットを介しての連絡(ライン)ではギャップを作りやすいそうです。

 

相手の女性に「あれ?この人どっちが本当なの」というミステリアス感を抱かせることで次第に惹かれていくのだそうです。

 

だからこそ、合コン後のラインは「ギャップ」を作ることをオススメします。

 

ラインを送る内容が無いよう

合コン後のラインで女心をつかむ、好印象なメッセージの送り方!

 

合コンで初めてその女性にあった場合、確かに何を送っていいのかわからないという時があると思います。

 

でも、それは相手の女性も同じです。なにしろあなたの情報は合コンの時のものしかないのだから。

 

逆を返せば送る内容がないなんてことはないのです。合コン中の会話を思い出してみてください。「〇〇出身」や「〇〇が好き」「休日は〜〜している」と言った会話をしませんでしたか?単純にその話を膨らませるような内容をラインで送ればいいのです。

 

しかし、席が遠かったせいであまり気に入った女性と話が出来なかった場合は、その合コン中で盛り上がった話題を再度触れてもいいでしょう。もしくは「緊張してあまり話せなかった」と言い訳してしまいましょう。

 

あまり話せなかったということは、女性はまだあなたに対して、見た目でしか判断できていない場合があります。これはチャンスですね。先ほどあったようにギャップを作りやすいからです。

 

あなたとのラインのやりとりが続けば、「意外とこの人、話すの好きなのかも?」とギャップを創出することができます。

 

送る内容がない!なんてことはありません。女性と出会ってからを思い返して、その端々で盛り上がった話題などを今一度思い出してみましょう。どうしても思いつかないという方は好きな子とラインしたいけど、話題がない!困った時の5つの話題を参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか。合コン後のラインで女性の心を掴むための好印象なメッセージの送り方でした。その女性とうまくいきたいと思うならまずは行動に移さなければいけません。

 

このサイトではそんな行動したいけど、どう動いていいのかわからない。アプローチして嫌われたくない。と言った思いを持つ男性に向けて情報発信していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link
続きを読む≫ 2018/01/30 22:20:30

初めての合コンで緊張したくない!口ベタでも上手くいく会話術!

 

「彼女が欲しい」と思って参加した合コンで女性とうまく話せずに終わってしまったら悲しいですよね。

 

口ベタや人見知りだと、いくらお酒が入ったとしても初めて会う人には緊張するという男性は多いのではないでしょうか。

 

そこで初めての合コンで緊張しないための方法についてご紹介します!緊張の原因が「会話」が出来るかどうかだという方は参考にしてみてください!

 

Sponsored Link

 

緊張しているのはあなただけではない

初めての合コンで緊張したくない!口ベタでも上手くいく会話術!

 

合コンでは、男性陣も女性陣も初対面です。なにもあなただけが特別な状況にいるわけではありません。みんな少なからず緊張しているのです

 

あなたは自分が緊張していると感じたときに何を考えますか?

 

「たかが合コンで緊張するな自分!」「俺は落ち着いてる」「だめだ、緊張しちゃいけない」と自分が緊張しているということを必死に否定しようとしませんか。

 

しかし、実は緊張を落ち着けるためには「緊張している自分を受け入れる」ことが一番の緊張予防になるんです。

 

そして「ほんまでっかTV」に出演されている印象評論家の重太みゆき氏によると「自分より緊張している人を見ると緊張が収まる」とおっしゃっています。

 

そこで、合コン参加する際には、まず自分が緊張しているということを認めたうえで、冷静にまわりを見渡してみてください。

 

一緒に行く男性陣が緊張している素ぶりを見せているかもしれませんし、合コンにやってきた女性陣が緊張している様子が手にとるようにわかるかもしれません。

 

とにかく初めての合コンで緊張するというのは誰もが経験することです。決してあなただけではないので、まずは緊張している自分を受け入れてください。

 

話題をストックしておく

初めての合コンで緊張したくない!口ベタでも上手くいく会話術!

 

なぜ一流のスポーツ選手が緊張してもオリンピックなどの大舞台で結果出せるのかというと、日々の練習があるからです。自分の実力を100%出し切るために練習で120%の力を出しているのです。

 

初めて合コンに行くあなたも、初めてオリンピックに行くスポーツ選手も緊張することに変わりありません。しかし高いパフォーマンスで結果を残せるのは、日ごろから練習してきたスポーツ選手だけです。

 

そこで、合コンに行くまでに、あなたもスポーツ選手のような練習をすればいいのです。つまりシミュレーションを行うのです。

 

しかし合コンに参加したことがないので流れがわからないと思うかもしれませんが、初対面の男女が話す内容というのはある程度決まっています。

 

  • 自己紹介から身の上話
  • 休日の過ごし方や趣味
  • どんな職業なのか
  • 恋人の有無
  • お酒は強いのか弱いのか

 

など、とっつきやすい話から始まって派生していくのです。入口さえ押さえておけば、ある程度会話はできます。

 

「仕事について質問されたら、こう答えよう」というようにある程度シミュレーションしていくことで、合コン当日に無言になったり、しどろもどろにならずに済みます。

 

未知の領域に足を踏み入れる場合は、準備をしっかりすることで緊張を和らげることができます。そのため「こんな会話になりそうだ」「こんな会話がしたい」という話題をあらかじめ用意しておくことが重要になります。

 

会話が苦手な人はあることをすればいい

初めての合コンで緊張したくない!口ベタでも上手くいく会話術!

 

いくつか話題をストックしたけれども、やはり話していく中で想定外の話をされる心配というのは消すことはできません。

 

そこで、女性との会話中はあることを意識的に行ってください。

 

とにかく口ベタ、人見知りだという人は自分から話題を提供することが苦手です。そんな人は、相手に話してもわえばいいんです。聞き手にまわるということです。

 

聞き上手な人が無意識的に行っている方法として「オウム返し」があります。

 

例えば、

 

女性「私、合コン参加するの初めてなんです。」

男性「僕も初めてなんです。」

女性「そうなんですか!一緒ですね」

男性「なんだか緊張しちゃって…」

女性「わかります!緊張しますよね…」

男性「そうですね…」

女性「…」

男性「…」

 

と会話が途切れがちですが、オウム返しを使うことで、沈黙を避けられます。

 

女性「私、合コン参加するの初めてなんです。」

男性「へぇ、合コン初めてなんですね。実は僕も初めてなんです」

女性「そうなんですか!一緒ですね」

男性「一緒ですね!なんだか緊張しちゃって」

女性「わかります!緊張しますよね」

男性「ですよね?よかった緊張してるの僕だけじゃなくて笑」

女性「私もよかったです笑」

 

というように空気を壊さず、話のネタを変えることなく間を持たせることができるので、無言になりにくいんです。

 

あまり露骨にやりすぎると、「なんかオウム返しだな」と気づかれてしまうかもしれないので、気付かれない程度にオウム返しして話を引き伸ばしましょう。

 

合コンで女性に好印象を持ってもらうには?

初めての合コンで緊張したくない!口ベタでも上手くいく会話術!

 

口ベタで人見知りの男性は、合コンであまり話せなかったりすると落ち込みがちです。

 

たしかに会話することは大事ですが、女性に好印象を持ってもらうには、「笑顔」でいることです。あまり話もせずにつまらなさそうにしているより、あまり話はしてないけど笑顔でいることで合コンを楽しんでいるということは伝わります。

 

また、口ベタや人見知りで会話が苦手だという方は、見た目こそ注意を払うべきです。その見た目というのは「清潔感」があれば大丈夫です。

 

話もしなくて仏頂面で不潔な人は二度と会いたくないと思われてしまいますが、「笑顔」と「清潔感」があれば、会話が苦手な人でも女性に悪い印象は与えません。

 

清潔感については「清潔感を出すには、たった1つのことだけ意識すればいい【印象操作】」にて詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

合コンで緊張して話せないかもしれない…と思っている方は、事前に話題を考えておき、清潔感ある格好で合コンにのぞみましょう!会話が途切れないようにオウム返しです。仮に会話が途切れてしまっても笑顔を絶やしてはいけませんよ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

Sponsored Link
続きを読む≫ 2017/06/01 17:54:01

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

合コンに行ったとき必ずすることと言えば「自己紹介」ですよね。そしてその合コンの場にいる誰もが平等に与えられた時間が「自己紹介」です。

 

合コン終了後に気に入った女性と連絡先を交換できたと喜んでいても、その後はなかなかやり取りが続かず…なんて経験もあるのではないでしょうか。

 

相手の女性はその場の空気を悪くしないために連絡先を交換しただけで、特にあなたに興味を抱いてはいなかったんですね。

 

合コンで重要なのは最初の10分。つまり「自己紹介」が最も重要だとされています。そこで今回は相手に強烈な印象を残す自己紹介のテクニックについてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

なぜ自己紹介が重要なのか

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

合コンでの自己紹介というのは、あなたの「第一印象」を決める判断要素になります。第一印象を決める時間については対人心理学や印象心理学の分野で研究がされています。

 

第一印象を決める時間は出会ってから「3秒で決まる」という学者もいれば、「10分で決まる」という方もいます。10人いれば10人の「感覚」があるため、一概に〇秒だ!とは言えませんが、いずれにしても第一印象は出会ってからすぐに決定されるものだということは明らかにされています。

 

また、人の印象は出会ってから3回目までに決まるという「スリーセット理論」と呼ばれる心理学の理論があります。

 

これは第一印象をベースに2回、3回と会うなかで、自分の判定が正しかったのかを判定するという人間心理です。3回目で印象が固定化されてしまうと、4回目以降は固定化された印象を変化させるのは難しいとされています。

 

そもそも合コンに参加する目的は「彼女を作りたい」という男性がほとんどです。「いい出会いがあればその後、その女性との関係を発展させたい」という気持ちで合コンに臨んでいるはずです。

 

合コンで出会ってから2回、3回と会うためには第一印象が良くなければ、女性も会ってくれません。つまり相手に印象を残すような自己紹介をすることで、合コン後のデートにつなげることができるのです。

 

自己紹介で印象を残すための5つのテクニック

 

自己紹介で印象を残すためには、ボソボソと自信なさげに挨拶してはいけません、ハキハキと笑顔で話しだすことが重要です。笑顔でハキハキとすることを大前提に5つのテクニックを実践してみてください。

 

その1:「笑わせる」

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

合コンの自己紹介でテッパンと言えば笑いを取ることです。つまらない男という悪い印象を残さないためにはまず笑いと取りに行きましょう。

 

例えば、「本日は僕のためにお集まりいただきありがとうございます!みなさんご存知、高橋です!」「小食なのに大森です!」「よく珍しい名前だねって言われる田中です!」というように自己紹介の冒頭からクスりと来るようなボケをかましましょう。

 

一気に大きな笑いを取る必要はありません。クスっとくるくらいの笑いで十分です。冒頭で、おもしろい人だと思わせることができたら「このあと、どんなボケするのかな?」と期待して、この後に続くあなたの自己紹介により興味を持って耳を傾けてくれるのです。

 

その2:「呼び方」

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

自分が呼んでほしい呼び方は、自己紹介の時に伝えてください。「なんて呼んだらいい?」なんて会話はしてはいけません。より名前をおぼえてもらうためにも先に「呼び方」を提示してあげることが重要です。

 

例えば、「藤原敏史っていいます、フジモンって呼んでください!」のように親しみやすいニックネームを用意しておくといいでしょう。

 

また「フジモンって呼んでください!皆様、ご唱和ください。せーのっ」と一度声に出させるとなおよしです。一度声に出すことで、その後呼びやすくなり、自然の流れで呼んでもらえるようになります。

 

その3:「差別化」

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

これは自己紹介する順番にもよりますが、他の人と同じような自己紹介は記憶に聞き流されてしまう可能性が高いので、差別化を意識しましょう。

 

例えば、1人目、2人目が「名前、年齢、職業、出身、趣味」という内容であれば、「名前、年齢、身長、体重、スリーサイズ」といったように変化球を投げましょう。

 

他の人と違うことをするというのは目立ちます。これは印象に残しやすいので、意識的に差別化するように心がけてください。

 

その4:「ギャップ」

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

その1〜その3まではボケまくってもいいです。しかしここからは急に真面目な一面を見せてください。

 

おもしろい人のままでは、味気ないので、急に真面目になるというギャップを見せることで、「あれ?この人どんな人なんだろう?」というミステリアスさを出すことができます。

 

女性はギャップに弱いというのは周知の事実です。いかに大きなギャップを作るかがカギになってきます。

 

その5:「共通点」

合コンの自己紹介はインパクト重視!印象を残す5つのテクニック

 

これは聞き手に共通点を見出してもらう方法です。人は共通や共感を得ることで親近感を抱くようになります。そして親近感を抱くということは印象にも残りやすくなるのです。

 

例えば「1989年4月生まれのA型です」といえば、聞き手が同じ年や同じ血液型だという「共通点」を見出せます。自己紹介が女性の方が先ならば相手との共通点を見つけることができるので、自分の時にもその共通点は喋った方がいいでしょう。

 

共通点については多ければ多いほど親密になれるとされています。合コン中の会話でより多くの共通点を見つけるために、まずはとっつきやすい生年月日や血液型などからエサを撒いておくことで、より話しやすくできます。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか。合コンでの自己紹介で印象に残す5つのテクニックでした。その1〜その5を実践していただければ、その場にいる男性メンバーより抜きん出ることができます。

 

より深く印象を残すことで、その後の女性との関係をより良いものにすることができるので、まずは最初の10分、自己紹介を全力で乗り切ってください。

 

Sponsored Link
続きを読む≫ 2017/05/20 18:39:20

ワンポイントアドバイス