女性への苦手意識を克服する方法!緊張せずに話したい!

女性への苦手意識を克服する方法!緊張せずに話したい!

 

女性に対する苦手意識を持っている男性は一定数いるかと思います。
あなたはどうでしょうか?

 

今回は、女性への苦手意識を克服したいとは思っているけれども、
どうやって克服したらいいのかわからない方に向けて、
克服する方法をご紹介して行きたいと思います。

 

Sponsored Link

 

女性に苦手意識を抱く理由

意識しすぎている

 

女性も男性も人であることに変わりはありませんし、
見ず知らず(仲良くもない)あなたに対して興味を抱いている人などいないと考えて下さい。

 

女性が苦手な男性は、少し自意識過剰になっている傾向があります。

 

 

ここで簡単な質問をします!直観で答えて下さい。
あなたが家へ帰るためにいつも歩いている道ですれ違った人がいたとします。
すれ違った後に「すみません」と声をかけられました。

 

あなたは「すみません」のあとに何を聞かれると想像しますか?
@声の主が男性の場合
A声の主が女性の場合
で考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Thinking!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?
特にこの質問に答えは用意していませんが、
「男性」と「女性」で答えが違った場合は間違いです。

 

無理やり答えを作るとしたら、
「すみません、〇〇へ行きたいのですが道を教えてくれませんか」です。

 

つまりこの質問で、男女で違う答えを導いたあなたは、
少し異性に対して意識しすぎる傾向にあるのかもしれません。

 

先ほどもいいましたが、女性も男性も人であることに変わりはありませんし、
見ず知らず(仲良くもない)あなたに対して興味を抱いている人などいないと考えて下さい。

 

 

女性に慣れてないない

 

女性に苦手意識を持つ男性は、心の中で、「嫌われたくない」なんて思っているのではないでしょうか。

 

話しかけられて赤面して、ドモってる自分を見て、
「どうせキモイとか思ってんだろ!」と思っていませんか?(極端ですが)

 

女性に慣れていない男性は、女性がどんな生き物なのか分かっていません。
そんな簡単に女性はあなたを嫌いになりません。
むしろ女性に慣れてないんだな、この人と温かい目で見てくれるはずです。

 

 

「女性に慣れてない」ということが見透かされて恥ずかしい!
と思うかもしれませんが、実はこれチャンスなんです。

 

例えばあなたのまわりに、10年間同じことをやっていてミスをした人と、
今日始めたばかりでミスをした人がいたとします。

 

この時、前者に対しては「10年やってミスするの?」と思うのではないでしょうか。
でも、後者に対して「なんでミスするの?」と思いますか?

 

むしろ「始めたばかりだから仕方ない」と思いませんか?
これは「女性に慣れていない」ことも同じです。
どんどんミスしていいんです!だって今日から女性に慣れる努力を始めたんだから!

 

女性に対する苦手意識を克服する一番のポイントは「女性に慣れる」ことなんです。
とにかくたくさんの女性に接することをオススメします。

 

コンビニの女性店員でもいいんです、飲食店の女性店員でもいいんです。
とにかく女性と接する機会を増やしてください。慣れて下さい。

 

 

話題が無くて会話が怖い

 

女性に苦手意識を抱いている男性は、
「女性と話なす話題がない」なんて思っているのではないでしょうか。

 

話題なんてなんでもいいんです!

 

むしろ男性と話すと自慢話ばかりされて正直つらいと思っている女性も少なくありません。
つまりあなたは女性の話を聞く役に回ればいいのです。

 

ではここで、女性の話を引き出せる方法をご紹介いたします。

 

@「呼び方を決める」

まず、初対面の女性に対しては「なんて呼んだらいい?」と問いかけて下さい。
「〇〇って呼ばれたり、△△って呼ばれたりします」と返されたら、
自分の呼びやすいほうを選択して
「じゃあ〇〇って呼ぶね!」「俺は○○って呼んで」とお互いの呼び名を決めて下さい。

 

そして、その後の会話では、決めた相手の呼び名を呼んであげることが大事です!
また、あなたが選ばなかった方の呼び名についても聞いてみてもいいかもしれません!
「どんな時に呼ばれるの?」「なんとかみたいだね!」とか。

 

 

A「好きな○○ってなに?」

好きな料理でも、好きな場所でも、好きな色でもなんでもいいです。「好きな○○」を聞いてみて下さい。
そこから「なんで好きなの〜?」や「どこが好きなの〜?」とやんわり聞いてみて下さい。
これは、好きな物の話であれば、女性は自分から話してくれ可能性が高いからです。

 

Bほどよい相づち

「へぇ〜」「すごい」「そうなんだ」やウンウンと頷いたり、
とにかく女性の話してくれることに対しては反応してあげることが大切です。

 

反応することで「この人は話をちゃんと聞いてくれる人」と女性に思われることができます。
話を聞いてくれる人に対しては、女性も男性もついつい話をしてしまいます。

 

 

しっかり相手の名前を呼んであげて、好きな物を聞く、
そしてほどよい相づちをすることで、十分に女性と会話することができます。

 

Sponsored Link

 

さいごに

 

「女性も男性も同じ人間であることを再認識する」
「女性と接する機会を増やして、女性に慣れること」
「女性と接するときは聞き役に徹して、相手に気持ちよくしゃべらせてあげること」

 

上の3点さえ抑えればもう怖いものはありません。
あとは実践あるのみ。最初からうまくいく人なんていません。
失敗してもいいから女性と正面から向き合ってみて下さい。
人口の半分は女性ですよ!

 

 

Sponsored Link