モテたい男性向けメディア|奥手でシャイでも、人見知りでも、非モテ脱却の方法をご紹介

バレずに上達!男性必見のキスが驚くほど上手くなる一人練習法3選!

投稿日:2018-01-15 更新日:

あなたは女性を満足させれるような「上手いキス」できてますか?

「とろけるようなキス」という表現をされるように女性は男性のキス一つで、腰が砕けそうになるほど気持ちのいいキスを経験することがあります。

しかし、キスが上手い・下手ってなかなか教えてもらえないですよね。

自分から、「ねぇねぇ、俺のキスどうだった?うまかった?」なんて聞ける強心臓の持ち主でない限り自分のキスが上手いか下手かを知る術がありません。ましてや、学校でもキスなんて教えてもらえませんし、教科書にも書いてありません。

そこで女性を気持ちよくさせたいと思う男性のために、キスが驚くほど上手くなる一人でできる練習方法をご紹介します。

これであなたも唇だけで女性を落とせる、百戦錬磨の猛者になれるかもしれません!

Sponsored Link

キスが上手い男とは?

そもそもキスが上手いってどういうことなのでしょうか。この疑問から解決しないことには、上手になるための「物差し」がわかりませんよね。

そこでマイナビウーマンが実施したネット調査を参考にしてみましょう。

「『あ、この人はキスがうまいな』あるいは『下手だな』と判断する基準はありますか」という質問に、

『あ、この人はキスがうまいな』あるいは『下手だな』と判断する基準はありますかはい…21.4% いいえ…78.6%

という調査結果が得られました。
さらに「はい」と回答した21.4%に、その判断基準を聞いたところ、

上手いキスの判断基準

という意見が寄せられました。ここから、キスが上手くなるための「物差し」としては、

唇や舌に力を入れず、ゆっくりと丁寧なキスができる事 鼻や歯をぶつけずに、「チュッ」という音を出す

以上2点をマスターすればキスが上手い男だと言えるでしょう。

一人でできる!キスが驚くほど上手くなる練習3選

先ほどあがった「唇や舌に力を入れず、ゆっくりと丁寧なキス」「鼻や歯をぶつけずに『チュッ』と音を出す」にはどうすればよいのでしょうか。それぞれの練習方法について、次の3点を意識してください。

ちなみに下にある練習方法は、「一人でできる」を大前提としていますので、家でこっそり練習することができるので、「キスの練習をしていた」なんてバレずにキスが上手くなることができます。

「柔らかいキス」を疑似体験する練習方法

まず、唇や舌に力を入れずに、リラックスした状態でキスに臨むためには、「柔らかいキス」を体験しておく必要があります。

そこで「唇の柔らかさに近いもの」を準備します。といっても、もうすでにお持ちです。それはあなたの「利き手の中指」です。

まず、利き手の中指で、そっと唇に触れてみてください。

この時、唇を押し付けるように触らずに、そっと乗せる程度でかまいません。

そして上唇と下唇を一周なぞってください。

 

どうでしょうか。少しくすぐったいような、ふわっとした感触が残りませんか?それが「柔らかいキス」の疑似体験です。

唇には神経が無数に集まっており、カラダの中でも敏感な部位だとされています。

さらに女性の唇は、男性よりも皮膚が薄いため、キスの感触を感じやすく、その感度は実に男性の10倍です。

今、あなたが唇をなぞってみて、くすぐったいような、ふわっとした感触を味わえたとしたら、女性はその10倍は敏感に感じ取っているんです。

「柔らかいキス」の体験をしっかりと唇に刻み込むために、先ほどの、「利き手の中指で唇をなぞる」を繰り返して、記憶に留めておきましょう。

キスで「チュッ」という音を出すための練習法

では、先ほど「柔らかいキス」を体験したあなたに、次にやってもらいたいのは、「チュッ」という音を出すための練習です。

こちらもあなたの「利き手」をご用意ください。今回は手の甲を使います。

これはいたってカンタンで、「人差し指と親指の付け根」あたりの手の甲をに、先ほどの「柔らかいキス」をイメージしてキスしてください。

そこで「チュッ」と音を鳴らしてみてください。

どうでしょうか。無理に音を出そうとしなくても、ちょっと唇を当てただけで「チュッ」と鳴りませんか?それが、女性が下品に思わないキスの音です。

イメージしにくい方は、下の画像の位置にキスしてみてください。

これも繰り返しやっていくことで、無理せず自然な「チュッ」という音が出せるようになります。

舌に力を入れずにキスする練習方法

キスは唇と唇を合わせるだけではなく、舌と舌を絡ませるようなディープなものもありますよね?

せっかく柔らかいキスが出来て、「チュッ」という綺麗な音まで出せるのに、舌がガチガチだったら、期待していた女性サイドも一気に冷めてしまいます。

そこで柔らかい舌使いを身に付けるためには「氷」を利用しましょう。

氷を女性の舌だと思って絡めましょう。舐めるように絡めることで舌の動きが練習できます。

氷を舐めてみるとわかるのですが、力を入れずとも氷が溶けていくので、自然な舌使いをすることができます。また、溶けてきた氷の水を吸うのも練習になります。

とにかく肩の力を、スッと抜いて、氷が溶けていくのを舌でゆっくり柔らかく感じ取ってください。

あまりやりすぎるとお腹を壊してしまいかねないので、一日数個を目安に続けてみてください。驚くほど舌使いが上手くなりますよ!

>> 2019年話題の「練り香水”ボディセンス”」の効果がヤバい?! <<

キスが上手くなってもキス相手がいなければ意味がない

さて、せっかくキスが上手くなる練習をしていても、キスは相手がいなければ成立しません。

しかし現在、彼女や気になる子がいない場合は実践のしようがありませんよね?

でも、安心してください!

「キスから始まる恋もある」と言われるように、付き合っていなくてもキスOKという女性は意外に多いんです。

女性はキスで恋に落ちる

Smartlogが実施した調査では、女性の54%が、付き合う前のキスが「アリ」だと回答しているんです。これは女性の2人に1人は、付き合っていなくてもキスできると考えていいでしょう。

さらに「オンナの噂研究所」というdTVで放送されていた、西川史子さん、MEGUMIさん、重盛さと美さんが出演している番組では、

「キスをするだけで人は恋に落ちるのか」という実証を何度も行っています。

内容としては、初対面の男女が会話することなく、ただただキスをするというものです。キスをしてから数時間後の待ち合わせ場所に、二人がそろえば、「キスをするだけで人は恋におちた」と判断する企画です。

こちらは検索してみると動画が出てくるので、興味のある方はぜひ見てみてください。
※違法アップロードの可能性から、当サイトには掲載できません。

ちなみにこの検証では、男性の多くがちゃんと待ち合わせ場所に行きます。これはもう男の性かもしれませんが、仕方ないですね笑。

ところがカップル成立率も意外と高いんです!しっかりと女性も待ち合わせ場所に来るんです!女性の唇は男性よりも感度が10倍高いですし、キスで恋に落ちる女性が多いんでしょう。

女性に「キスしたい」と思わせることで、よりキスしやすくなる!

相手がいなくても、女性がその気になれば「キスしたい」と思うのが男性ですよね?実は女性をその気にさせるのは、それほど難しいことではないんです。

というのも、女性の嗅覚の鋭さは男性の2倍?で詳しく書いていますが、女性は唇の感度だけでなく、嗅覚も男性より優れています。

そこで女性が好む「香り」を手に入れることで、女性の方から「キスしたい」と思わせられる魅力ある男性へとなれるのです。

付き合っていない女性に「キスしたい」と思わせる方法とは?で触れていますが、「レディーズローズ」というサプリメントを飲むことで、カラダの内側から良い香りをまとうことができます。

このレディーズローズの匂いは、その名の通り「バラの香り」なのですが、

バラの香りには安眠や鎮静効果、美肌効果といった女性が好む作用が多く含まれています。

また、女性ホルモンの分泌にも作用するので、本能的に求めてしまうというのが「バラの香り」をまとうことの最大のメリットと言えます。

あなたが身に付けた「上手なキス」を披露するためにレディーズローズの力を借りてみてもいいかもしれません。選択肢がグッと広がりますよ。

さいごに

いかがだったでしょうか。キスが驚くほど上手くなる一人キス練習方法でした。今回は一人で練習することに焦点を当てていますが、キスは相手(女性)がいて初めて成り立つものです。

いくらキスが上手くなっても実践できなければ意味がありません。また実践できてもキスするときにアタフタするようなダサい男では、せっかくのキステクが台無しです。

より、キスが上手くなりたいという方は、キスの時、手の位置はどこがベスト?女性が喜ぶ5つのポイント!の記事を参考にしてみてください。

Sponsored Link

-technique

関連記事

不意打ちキスの仕方!女性をドン引きさせずに惹きつける方法!

あなたはどうやってキスしていますか? 「キスしていい?」と聞く派ですか? 何も言わずに目が合ったらキスする雰囲気派ですか? 仕方ひとつで相手の心を動かせるのが「キス」です。とくに女性は「不意打ちキス」 …

キスを拒否された!その後にリベンジできるたった1つの方法

良い雰囲気になり、キスを迫ったところ拒否された…こんなショックなことないですよね。「舞い上がっていたのは俺だけだったのか」なんて自己嫌悪に陥ってしまいそうです。 普通の男性なら、一度拒否されてしまうと …

追われる男になるための9つの恋愛テクニック

恋愛をする上で2つの立場があります。それは「追う」と「追われる」の2パターンです。 いつも追いかけてばかりで、なかなか恋が成就しない デートの誘いはいつも自分。相手から誘われた事なんて… ラインのやり …

女性の変化に気付くコツ!男性が注目すべき3つのポイント

女性のちょっとした変化を敏感に気付ける男性はモテるという話。 あまりにも有名な話ですよね でも、ちょっとした変化だったら気付くのも難しいよ!と嘆いている男性の皆さん! あるポイントさえ抑えておけば、あ …

告白のセリフが成功率を左右する?女性を落とすキラーワードとは

好きな女性と付き合うには「告白」というステップを抜きにしては、付き合うことはできません。しかしどうやって想いを伝えればいいかと悩む男性も多いでしょう。 実は告白のセリフで成功率が左右されるってご存知で …