モテたい男性向けメディア|奥手でシャイでも、人見知りでも、非モテ脱却の方法をご紹介

年上女性へのアプローチは積極的に!ガンガンいこうぜ!

投稿日:2017-05-20 更新日:

年上女性って魅力的ですよね。大人の余裕というかついつい「甘えたくなる」ような同い年や年下女性にはない魅力があります。

しかし、自分が年下であることで恋愛対象と見られていないんじゃないか?という不安におそわれることもあり、なかなかアプローチの仕方が分からないという男性も多いのではないでしょうか。

年上女性に恋をしたけどアプローチ方法がわからないという男性は、たった3つのことを意識するだけ年上女性のココロをグッとつかむことができます。そこで今回は、年上女性への効果的なアプローチ方法についてご紹介。

年下男性は恋愛対象になるか

そもそも世の女性たちは「年下男性」を恋愛対象として見てくれているのかってスゴく気になりますよね。マイナビニュースの「年下男性は恋愛対象としてアリかどうか」という調査によると

恋愛対象としてアリ:56.0%

恋愛対象としてナシ:44.0%

という結果が得られました。実に約6割の女性がアリということです。それぞれ回答した年上女性からはこんな意見があげられました。

【アリ】
「かわいいと思う、甘えられたらうれしい」(29歳/営業職)

「かわいがられるから、母性本能をくすぐられるから」(31歳/事務職)

「自分が主導権を握られるから」(26歳/技術職)

「意外と頼りがいがあるとキュンとするから」(35歳/事務職)

「年上や同い年の人だと許せないことも多めに見れるから」(25歳/販売職)
【ナシ】
「年の近い弟と、年が離れている弟がいるので、年下は弟にしか見れないから」(26歳/その他)

「子供を相手してるみたいになってめんどくさいから」(25歳/アシスタント職)

「自分が引っ張らないといけないイメージ」(25歳/事務職)

「わがままを言いづらいから」(33歳/事務職)

男性から甘えられたいという母性本能を刺激されたい女性にとって年下は大いにアリと言うことです。一方で自分が甘えたいと思っている女性は年下を恋愛対象として見れないと回答していることがわかります。

男性が年下でも「しっかりしている人なら」「頼れるなら下でもいい」という意見も上がっていたことから、年下男性でも女性をリードすることができれば、恋愛対象として見てもらえる可能性がグッとあがる。

年上女性を口説き落とすための3つのアプローチ

積極的にアプローチする「ガンガンいこうぜ」

年上女性が相手だとどうしても遠慮しがちになってしまいます。しかしそれは他の男性も一緒です。

また、年上女性からしてもいくら年下男性が素敵だと思っていても、年上であることからグイグイ攻めることができないということもあります。

だからこそ年下男性は年上女性にこそ積極的にアプローチすべきです。好意を抱かれて嫌だと感じる人はいません、逆に好意を抱かれることで、意識してしまい、いつの間にか好きになっていたなんてこともあります。

年上女性だからといって年下や同い年とアプローチの仕方を変える必要はありません。遠慮せずにガンガン攻めていくことで、今まで年上や同い年しか付き合ったことのないような年上女性のココロを動かすことができます。

結婚など将来性を持たせる「おれにまかせろ」

男性に比べて女性は「結婚」に対して焦る人が多くいます。そのため、20代後半からは付き合う相手とは結婚を意識し始めます。結婚を考えられない人とは付き合いたくないのがホンネです。

単純に「好きだから付き合う」というよりは、「将来が想像できるか」ということが重視されます。

そのため、「ただ好きだから付き合いたい」というようなアプローチをするよりは、「自分は結婚も見据えて、あなたのことを好いていますよ」とさりげなくアプローチすることで、安心感を与えることができます。

呼び方「じゅもんをつかう」

年上女性になると「名字+さん付け」といった呼び方をしがちです。一歩進んで「下の名前+さん付け」というのもあるでしょう。

しかしこれでは、距離が縮まらず、先輩後輩という立場のままです。呼び方というのは距離を縮めるのに重要な役割を担っています。

あなたも「名字+さん付け」で呼ばれるより「下の名前」を呼び捨てにしてくれる人の方が仲が良くないですか?

年上女性にいきなり下の名前を呼び捨てにするのはハードルが高いですが、「下の名前で呼んでいいですか」と呼び方を変えたり、「ちゃん付け」にするだけでも距離はグッと縮まります。

名前を呼ぶことは心理的距離を縮める効果があるということは「会話中は積極的に名前を呼ぶこと!」に詳しく書いていますが、絶大な効果が期待されますので、呼び方については意識しておきましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

年上女性を落とすための効果的なアプローチ方法でした。これだけ?と思うかもしれませんが、逆に年下や同い年とアプローチの仕方を大きく変える必要はありません。

年上女性と意識するから自分も相手も身構えてしまいます。一人の女性としてアプローチするのに年齢は関係ありませんよ。

Sponsored Link

-technique

関連記事

心理学を応用して、片思いの女性を落とす方法

好きな女性を振り向かせるためになにか努力をしていると思いませんが、相手の潜在意識から変えていく方法を実践している人は少ないのではないでしょうか? 企業は自社の商品を売るためにあらゆる方法(マーケティン …

俺のこと好きなの?男性を惑わす思わせぶりな女性を見分ける方法

「あれ?もしかしてこの子、俺のこと好きなのかな」と思って告白してみたら、「ごめんなさい」とあっさりフラれてしまったことありませんか。そんなとき「いやいや、あの時のあの態度はなんだったんだ…」と頭を悩ま …

器の大きい男性は「モテる」ことも受け入れている

よく「器の大きい男性」がモテる なんて言われますよね。 じゃあ器を大きくすれば、モテるの? そもそも器ってどうやって大きくするんだ? そんなこと考えたことありませんか? 「器の大きい男性」は、 「モテ …

女性の変化に気付くコツ!男性が注目すべき3つのポイント

女性のちょっとした変化を敏感に気付ける男性はモテるという話。 あまりにも有名な話ですよね でも、ちょっとした変化だったら気付くのも難しいよ!と嘆いている男性の皆さん! あるポイントさえ抑えておけば、あ …

付き合う前に手をつなぐのはアリ?ナシ?女性が求めるタイミング

まだ付き合ってない気になっている女性と「手をつなぎたい!」と思っていても手をつなぐことに対して女性はどう思っているかわからず、なかなか踏み出せない…なんてことありませんか。 カップルなら当たり前にでき …